地元で大人気の「最上納豆ゴールドA」
 
ゴールドAを器に盛った写真

「最上納豆ゴールドA」は今から約30数年前に篠原商店の先代の社長が、素晴らしく良い納豆をイメージして「ゴールドA」と名付けました。 紙と国産赤松の経木(きょうぎ)で三重に包みんだパッケージに入れられ、じっくりと発酵させた国産大豆100%の納豆です。 篠原商店は奥羽山脈の神室山(かむろさん)水系の豊かな地下水を利用し、原料の大豆と経木を使った包装にこだわり、昔ながらの手づくり納豆を60余年にわたり、作り続けています。 地元でも広く食べられている納豆で、冷凍することで保存ができます。

 
豊かな味わいで、歯ごたえしっかり 製造蒸し機の写真

製造工程において、茹で上がったばかりの豆はふっくらと柔らかい食感であったのが、納豆菌が入り発酵されて、大豆がしまり、 歯ごたえのある納豆に変化します。噛みしめると豆の旨味がしっかりと感じられます。粘り気も強く、伸びも良い納豆になっています。 納豆をふんわりとした食感で食べるためには、 糸を引いて空気を含むように良く練ることだそうです。 これは、先にタレなどを加えると水分過多となってしまい、旨味のある粘りが出なくなってしまうそうです。

 
鮮度を保つ経木(きょうぎ)のパッケージ
 
三重に包まれた納豆

「ゴールドA」のパッケージは紙と国産赤松の経木(きょうぎ)で三重に包まれてます。 経木とは、薄い木の板で、スギやヒノキや松が材料に使われますが、納豆には松が使われることが多いのです。 その昔、この薄い木の板にお経を書いたことから「経木」と呼ばれるようになったと言われています。 経木を使うことにより、松の木の香りが納豆に移って芳ばしい良い香りを生み出し、天然の旨味成分も加わって美味しい納豆になります。 それから経木には天然の抗菌作用、適度な通気性と保湿性があるため、保存にも適しているのです。

 
 

最上納豆 ゴールドA 100g×3個パック 国産大豆

価格: ¥350 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

 

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

店長の矢口です。
「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味の言葉です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ