最上地域のとりもつ文化
 
小鉢に盛り、刻みネギ、七味をのせた写真

鶏もつ、牛もつ、豚もつ、馬もつなど、もつを調理して味わう文化は全国各地に見られます。 新庄市では平成のはじめ頃まで家の敷地で鶏を飼い、その卵を食べていました。 また、ハレの日(祝い事)には親鶏をさばいて、来客に振舞っていました。 鶏肉だけでなく内臓も残さず料理に使うのは、冷蔵庫がなく食材が貴重だったころの名残り。 新庄市や周辺地域にも保存技術や流通が発達した現代においても、「もつ煮」として鶏もつを食べる文化が継承されています。

 
酒の肴や「とりもつラーメン」にも!
 
とりもつラーメン写真

湯せんで温めてから器に盛ります。お好みで刻みネギや七味を加えて召し上がっていただいても美味しいです。 あっさりとした醤油味でお酒のおつまみにぴったりです。新庄ではラーメンの具材としてもよく使われており、名物「とりもつラーメン」としても食べられています。

 
 

とりもつ煮 鶏もつの醤油煮 150g

価格: ¥710 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

 

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

店長の矢口です。
「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味の言葉です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ