こだわり続けた豆の栽培

最上伝承野菜に認定されている「久五郎豆」。以前は「大土(だいど)豆」と呼ばれ、山形県最上町内全域で栽培されていましたが、現在栽培しているのは佐藤家一軒のみとなりました。佐藤家の屋号である「久五郎(きゅうごろう)」をとって「久五郎豆」と呼ぶようになりました。味噌にした時の風味が良いことから、この豆にこだわり栽培を続けてきました。

 

平成16年から家族で「久五郎みそ」として販売するようになりました。原料は豆と麹と塩のみ。麹は自家製秋田こまちを使用。味噌の味と色をよくするため、圧力鍋などを使わず、まき火でゆっくりと4時間かけて丁寧に煮るのがこだわり。

 

九代目久五郎みそ 秘伝 手づくり 久五郎豆使用 1kg

価格: ¥740 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

 

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

店長の矢口です。
「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味の言葉です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ