寒い時期にピッタリの山形名物「ひっぱりうどん」をお楽しみいただけるセットです。 山形県産米「どまんなか」を使用したうどんと、新庄の篠原商店の「うまい納豆」をセットにしています。 サバ缶もセットにしているので、あとは卵やネギ、かつお節などを加えていただくだけで、お召し上がり頂けます。

ひっぱりうどんは、山形県の主に内陸で食されています。 「ひっぱりうどん」は、山形県村山市が発祥の地と言われています。昔は炭焼きが盛んな土地でした。 炭焼きは長時間かかり、窯のそばを離れることが出来なかったことから、早く手軽にできる「ひっぱりうどん」は、作業中でも食べることが出来る食事だったそうです。 食材は、家にあるもので簡単に美味しく作れることから、県内に広まっていきました。
名前の由来は、諸説ありますが「鍋から直接ひっぱりあげて食べるため」や、「引っ張り合うほど美味しいから」とも言われています。地域によって「ひっぱりうどん」や「ひきずりうどん」などと呼ばれています。

 
 
商品詳細
 
 
どまんなかうどん(200g)×3袋 山形県生まれのお米「どまんなか」を粉末加工し、小麦粉と米粉を練り込んだ、ツルツルと喉ごしの良いうどんです。伸びにくいので、山形名物「ひっぱりうどん」にもピッタリの乾麺です
さば水煮缶(200g)×1缶 「たねるや」おすすめのさば缶
うまい納豆(50g)×3パック 小粒の山形県産大豆を100%使用。納豆らしい大豆の香り、甘味、苦味が強く感じる昔ながらの粘りの強い納豆です。かき混ぜやすい、フタ付きの丸型カップを使用しています。
 

<材料> (3~4人分)
どまんなかうどん・・・200g×3束

<つけダレ>
うまい納豆・・・3パック
生卵・・・3~4個(1人1個)
ネギ・・・1本
さば水煮缶・・・1缶(200g)
かつお節・・・少々
醤油またはめんつゆ・・・お好みで
※さば缶の臭みが苦手な方は、ツナ缶でもOK

 

<作り方>
1) ネギを刻みます
2) うどん以外の材料を、器に入れてかき混ぜておく
3) 柔らかくなりすぎないように、鍋でうどんを茹でます
4) 茹で上がったら、鍋のまま食卓に置きます
5) あとは、うどんを「ひっぱって」、つけダレにからめてお召し上がりください
※お好みで、一味唐辛子や七味唐辛子、ラー油などを加えていただくと、さらに美味しいです。
変わり種では、チーズやバター、大根おろしなどを入れる人もいます。

 

ひっぱりうどんセット どまんなかうどん(乾麺)×3束 納豆×3パック さば水煮缶×1缶

価格: ¥1,300 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

 

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

店長の矢口です。
「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味の言葉です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ