馬すじ肉煮「馬がっき」
 
パッケージ入りのガッキ煮

牛・馬ともにすじ肉などを「がっき」と呼んでいて、山形県新庄市での独特の呼び方です。 特にすじ肉やアキレス腱などの部位を酒、しょうゆなどで煮込んだものを「がっき煮」と言います。 「馬すじ肉」は牛に比べて脂身が少ないため脂っぽくなく、醤油の旨みも味わえます。 新庄市以外では馬のすじ肉はほとんど売られていません。特にお盆、新庄祭りのおもてなしには欠かせない郷土料理です。

 
 
お酒の肴に絶対おススメ!
 
小鉢に盛り、刻みネギ、七味をのせた写真

馬すじ肉は鶏の軟骨に似たコリコリ感があり、噛むほどに旨味が増します。 器に開けてレンジで温めて食べることができますが、湯せんで温めていただく方がおすすめです。 「馬がっき煮」はご飯のおかずとしても、酒のおつまみとして、ビールや日本酒など、どんなお酒にも合います。 お好みで刻みネギや七味を加えて、お召し上がりください。

 
 

馬すじ肉煮 馬がっき 醤油煮 150g

価格: ¥710 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

 

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

店長の矢口です。
「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味の言葉です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。



店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ