東北は独自の「ゆべし」として進化  
 
ゆべしパッケージ写真

もともとは「柚餅子(ゆべし)」と言い、柚子(ゆず)を使用した餅菓子だったが、東北・北関東近辺では、柚子の産地から距離があったため、 材料として入手しやすかった味噌と国産くるみを使用するようになったとか。

 
昔なつかしい味のゆべし
 
ゆべし皿に盛られた写真

材料はもち米だけなので、固くならず、やわらかく、もっちりとした食感です。 これに、国産くるみの香ばしさが加わり、昔懐かしい甘じょっぱい濃いめの味付けが、お茶請けに最適の餅菓子です。

 
 

くるみゆべし 山形県産もち米使用 戸田菓子店

価格: ¥900 (税込) ¥1,800 (税込)
個数:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫: 在庫あり
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

カレンダー
  • 今日
  • 出荷停止日

出荷停止日は商品発送の業務をお休みとさせていただきます。

スタッフより

「たねる」という言葉は、山形弁で「探す」という意味です。
行ったことはないけれど、どこか温かみがあり、懐かしさのある品々を探して、あなたのふるさとを見つけ出して欲しいという願いが込められています。

店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ